クレジットカードは補償内容で選ぶのも良い?人気クレジットカードの特徴は?

クレジットカードは、現金不要で会計ができるだけでなく様々な特典を受けることができます。
アイワイカードなど流通系のものは毎月、「感謝デー」と称して系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスがあります。
ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金をよく利用する人はさらにポイントが貯まるのでお得になります。
VISA、MasterCardなどの国際ブランドでは国内の飲食店や宿泊施設の料金面などで優待が受けられます。
レクリエーション面で発行元が運営している特典は、カラオケやライブハウス、フィッシング、ボウリング、観劇や映画館などの各種レジャー施設の割引価格の利用があります。
そのほかにも、ヘルス&ビューティ面での充実を図っているカードもあり健康、ダイエット、漢方相談、メンタルヘルスなどの専門相談などのサービスをうけられるものもあります。
日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますが国際ブランドと提携しているものが大半です。
有名なところでは、VISA、MasterCard、JCB、DinersClib、AMEXがあり、基本的には世界中で使うことができるアイテムです。
VISAは日本でとても質の高いイメージが築き上げられていてテレビから流れるCMでも有名で名前は聞いたことがあると思います。
MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されており消費者金融のアコムと提携していることでも知られています。
JCBは国内で利用できない店はほとんどありませんが渡航先によっては使えない事がありますので注意して下さい。
財布の中の現金が少ないときなどに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。
買い物に行った際の支払時に持ち合わせの現金が少ないこともあると思います。
そんなピンチの時、こちらを使えば商品を戻すことなく手に入れることが出来ます。
しかも、これは支払に使用するだけでなく世界で利用できるキャッシング機能があるので万が一現金が必要な場合はこちらを使って提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。
インターネットショッピングをするときに現金を使わないで電子データーで支払い手続きをする方法をネット決済と言います。
いくつかの支払い方法がありますが、キャッシュレスカードの番号を打ち込んで送信する方法が一般的です。
消費者はATMの存在を気にする必要がなくなるので昼夜を問わずに買い物ができるところが利点です。
販売店は都合の良いときにサイトを更新すれば良くWEB上に記録が残っているので入金管理が楽になります。
メリットばかりに思われがちですが、デメリットも多くセキュリティ対策を万全にしておかないと悪用される可能性が高いです。