住宅ローンシュミレーションで返済の状況を見る

住宅ローンの負担軽減のキーポイントは利息分です。
固定金利と変動金利、その両方を組み合わせた併用型などがある訳ですが、金利上昇時においては固定金利に利がありますが、初回から高い利息と元金返済分を支払う必要もあります。
そこで住宅ローンシュミレーションでは金利の数字に加えて、元金減少分にも注目してみます。
変動金利型で現在のような低利状態を活用して元金を減らすことができれば、金利が上昇しても多少の変動幅を吸収できます。
民間の金融機関の中でも変動金利型のローンで少し上乗せして返済プランを安定にさせたものがあります。
これも低利を活用した元金減少を図ったものです。
元金が減るということは利息も減るということであり、返済期間を短くすることもできます。
変動金利型は金利上昇面ばかりに着目しがちですが、下降期になれば有利になり、ローン初期から5年間は返済金額も変わらない点もメリットです。
低金利状態が続くだけに変動金利型の金利上昇時のリスクが注目されがちですが、金利も変動するものだけにトータルな視点での住宅ローンシュミレーションの算定が大切です。
http://www.interuser.net/