FXで人気の指標MACDって?

FX取引を行う人に根強く人気がある指標といえば、MACDです。
MACDはマックディーと呼ばれています。
日本語では、移動平均収束法といわれています。
MACDには、シグナル線とMACD線の2本の線が使用されます。
大まかに移動平均線の仲間と考えておくと良いでしょう。
MACDの使用方法は色々とありますが、FXで使用する場合は、トレンドに乗るタイミングを掴む時に有効です。
上昇トレンドと下降トレンドの判断に活用するのがおすすめです。
MACDで上昇トレンドを判断する場合は、MACDがゼロまたはその付近以下より、急激に上昇し、プラス圏内で動いていきます。
また、それとは逆に下降トレンドの場合は、MACDがゼロまたはその付近以上から、急激に下降し始めるでしょう。
結果的にマイナス圏内で推移していく状態となります。
FXにおいて売買の判断を行う際には、MACDとシグナル線の交わり合いが、鍵となるでしょう。
そこ付近でMACDがシグナル線を下から上に抜けてしまえば、買いのサインです。
また、逆に天井あたりで、上から下に抜ける場合は、売りのサインと覚えておきましょう。
MACDの上昇トレンド時にプラス、下降トレンド時にマイナスを動く特徴を活かし、順張りトレードを行いましょう。
押し目売りや戻り売りがおすすめです。
MACDはとても人気が高く、多くの投資家に使用されているテクニカル指標です。
FXで勝つために役立ててみてはいかがでしょうか。
FXMACD