フラット35は審査に通りやすい?

フラット35という名前がついた住宅ローン最大の特徴は、35年間金利が変わらない。
という点です。
フラット35は、最長35年間借入れ金利がが変わらないというのが最大のメリット。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただフラット35のローン審査は一般の住宅ローンとは審査の基準が異なります。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査となります。
また、それに加えフラット35の審査独自の特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですとフラット35の審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35ならフラット35の審査が通った。
という方も多いです。
これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。
このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。
それで、購入する物件のある程度の価格がいくらなのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。
万が一、こうした違反が発覚してしまった場合紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。
以上のような危険性やデメリットもあるので、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。
自分だけの家が欲しい!と思ったときに住宅ローンが役立ちます。
銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携しているフラット35おすすめの銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。
返済期間は人によってそれぞれですが最長で35年の期間が借り入れ可能です。
だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。
多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関してはなかなか通りづらい。
という傾向が強いようです。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫で審査を受けなければいけません。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、フラット35の審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査結果がわかるまでには一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、大手企業でなくてもフラット35の審査に落ちた人は少なくないのが現状です。
その理由として考えられる原因はいくつかあります。
400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。
3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。
公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。
これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。
スムーズにフラット35の審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

フラット35審査で他のローンの影響は?ローンの種類!【マイナスは?】